C言語 入門|番外編|VScodeでC言語が実行できないときの対応

C言語
スポンサーリンク

VScodeでC言語を実行する際に、「includePathを更新してください。この翻訳単位では波線が無効になっています。〜」とエラーが出た際に、

実行できるようになるまで戻す方法を私の実体験をなぞりながら紹介します。

スポンサーリンク

xcodeをインストール

まず、「xcrun: error: invalid active developer path~」とターミナルの方でエラーがでたので、

こちらの記事を参考に、

xcode-select --install

Xcodeをインストールしました。

これで実行できるようになったかと思ったが上手くいかず、エラーはでたままでした。

スポンサーリンク

Homebrewからgccを入れてみる

gccが最新でないため、エラーがまだ続くのかと考え、

brew install gcc

を書いて、gccを最新のものにしました。

こちらの記事を参考にしました。

これで、最新の「gcc」を入れられたと思い、実行してみましたが、未だにエラーがでました。

しかし、エラーの内容が変わっていました。

/usr/local/bin/gcc: No such file or directory

/usr/local/bin/gcc: No such file or directory を直す

とりあえず、gccのバージョンがどうなっているのかを確認するため、

gcc --version

を書きました。

しかし、

/usr/local/bin/gcc: No such file or directory

とエラーが出てきてしまいました。

そこでこちらの記事を参考にして、

hash -r

を実行して、bashを再起動しました。

すると、gccのバージョンを確認できるようになり、プログラムの実行を行えるようになりました。

まとめ

他にもいろんなことをやったので(何も考えずVScodeの拡張機能を入れたり)

何が原因だったか分かりずらいのですが、

Xcodeを入れることで基本的には解決ができていたと思われます。

しかし、gccをインストールしてからbashを再起動できていなかったため、さらにエラーが出たのではないかと考えられます。

同じようなエラーが出た方の参考に少しでもなれば幸いです。

C言語
スポンサーリンク
カンキリをフォローする
kankiriblog